TOP > インボイス制度対応の文書管理システム/GO!!電帳

GO!!電帳は…
インボイスにも対応

インボイス制度って?

インボイス制度とは、2023年10年1日から始まる「請求書の新たな方式」です。

販売先に対し税率と税額を正確に伝えるために、一定の事項が記載された請求書・納品書などの書類を指します。

インボイス(適格請求書)に登録番号、適用税率、消費税額等の項目を記載する必要があり、正しく作成されていない場合、仕入税額控除を受けることができなくなります。

売上高が1,000万円以上の事業者(課税事業者)は対応必須

インボイス制度へ
対応するための下準備

Step01

適格請求書
発行事業者の登録

適格請求書発行事業者の登録を受けるためには、2023年9月30日までに登録申請を行う必要があります。また登録は「インボイス登録センター」にて「適格請求書発行事業者の登録申請手続」を行うことができます。

Step02

請求書の
フォーマットを作成

適格請求書に「登録番号」「適用税率」「税額」などを記載したフォーマットを作成します。

Step03

適格請求書の
受取と保存

仕入税額控除を受けるには適格請求書の保存が必要です。また、取引先が発行する適格請求書に誤りがないかチェックを行う必要があります。

インボイス制度対応への
下準備

インボイス
制度開始前
インボイス
制度開始後
売り手
  • 免税事業者は課税事業者の選択を検討
  • 登録番号の取得
  • 請求書のフォーマットの作成
  • インボイスを発行
  • インボイスの控えを保存
買い手
  • 免税事業者とのコミュニケーション
  • インボイスを保存する体制作り
  • 登録番号の確認
  • 消費税区分の判定
  • 受領したインボイスを保存 等

登録番号の
確認・登録はAIで!

適格請求書の登録番号をAI OCRで自動データ化します。

登録番号の突合せも自動で行うため、手入力による人的ミスを少なくさせます。

AI OCR機能

請求書・見積書が
どこにあるか
分かりにくい…

by 経理・営業・法務・契約管理

バラバラの書類を集約し、
業務の手間から解放!

電子保存に関する
お悩みは、
GO!!電帳に
お任せください!

TBSテレビ
THE Time,にてCM放送中!!
業界最安級&3ヶ月無料
文書管理システム
の資料請求をする
見積書、注文書、請求書、納品書、請求書などの
書類の電子保存に関するお問合わせ